田沢湖放牧日記

田沢湖自然ファーム 放牧豚の挑戦

豪雨による災害の中、豚たちはなんとか生き延びてくれました

7月22日から23日にかけて、秋田県全域で猛烈な大雨がふりました。比較的自然災害の少ない秋田ですが、今回ばかりはただごとではない大雨で、秋田に住んでウン十年になる私も初めて見るような光景の連続で、少し恐怖を覚えたほどです。
当日は私も秋田市から田沢湖まで向かったのですが、どこを通っても土砂崩れや、河川の氾濫などで通行止めで、普段なら1時間半程で着くところがなんと片道7時間。
そして困ったことに、ブナ森へ向かう国道341号線と、さらにブナ森牧場へ向かう林道の途中も土砂崩れで通行止め。他に迂回路がないために、牧場までまったくアクセスできない状態になってしまったんです。
そうなると当然餌もあげられず、はたしてこの状況がいつまで続くのか、なにしろあちこちで土砂崩れが起きていたので、この小さな林道にいつ取り掛かってくれるのか、どうすることもできない中、我々全員メチャクチャ不安な日々を過ごしておりました。

水没した道路

放牧を開始した翌日にこんな事になるなんてと、恨めしい気持ちでおりましたが、災害から3日後、なんとか復旧の目処がたち、ようやく牧場に向かうことができました。前日に餌は満タンにしていたので1~2日は大丈夫だろうとは思っていたものの、何と言っても標高1000mの山の上。当然街中より雨量は多いはずで、どれだけの被害がでてるか不安な気持ちで向かったのですが、なんと設備的には被害はほぼゼロで、そして豚たちも変わらず元気に(すこし痩せたかもしれませんが)走り回っており、ほっと胸をなでおろした次第です。
本当に復旧に関わってくれた方々には感謝です。

牧場へ向かう林道の土砂崩れ

さて、豪雨にも負けず、たくましい生命力で生き延びてくれた豚ちゃん達ですが、早くも次なる敵が現れております。そう、熊です。
ここブナ森は、森のクマさんにバッタリ出会う確率が非常に高いところ。私も今日、牧場からの帰りに、可愛い子熊にバッタリ出会っちゃったのですが、幸い車に乗っていたので、見て見ぬ振りをしてそのままソッと通り過ぎてきました。
とにかく豚の餌を狙って毎日のようにやって来てる痕跡があります。雨との戦いの後は熊との戦いが始まりそうな、(いや、戦いたくない)なんとも刺激的なブナ森牧場です。

 

 

コメント

  • 豚ちゃん達、無事で本当に良かったですね。
    でも次なる敵、ですか…。熊さん達もそこで生きているのだから何とか豚ちゃんと熊さんが共存できると
    良いけれど。

    私達は美味しい、美味しいと言って頂くだけですが、美味しい生ハムになるまで、想像できないほどの
    ご苦労をされていらっしゃのですね。すごい。
    感謝、脱帽、合掌・・・デス。

  • そうですね、共存できるのが一番だと思います。怖いのは柵を壊されて豚が逃走してしまったり、また、あってはならないのが人的被害です。
    まずは、ここに来ても餌を食べることは出来ないと熊に解らせる事が先決で、そのための対策を早急に立てていかなければ、というかんじですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です